歯周病について

  • ホーム
  • 高齢者歯科について
  • 治療の流れ
  • よくあるご質問
  • 医院情報

歯周病で歯を失わないために

  • 「歯みがきをすると歯茎から血が出る」
  • 「最近歯がグラグラする」
  • 「歯茎が赤黒くなってきた」
  • 「歯に食べ物が詰まる」

このような症状が出ている方は、もしかすると歯周病かもしれません。歯周病は、初期のうちはほとんど痛みが出ないため気が付きにくい病気。それだけに、知らず知らずのうちに、進行していることもあります。処置を行わずに放置したことで重度まで進行した歯周病は「歯槽膿漏」とも呼ばれ、さらに放っておけば、歯を失う恐れもあります。

成人の方の歯を失う原因の6割以上が歯周病と言われており、歯槽膿漏をさらに放置すれば、口腔内のみならず、糖尿病や心疾患等といった身体全体に関わる重い病気に発展する可能性もあります。

歯周病とは?

歯周病は、歯と歯茎の間の境目(歯肉溝)にプラーク(歯垢)がたまることで、細菌が停滞・繁殖し歯茎に炎症を引き起こしてしまう病気です。長い間放置しておくと、歯の周りにある組織が少しずつ壊され、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の進行状況

歯周病のおもな原因はプラークです。歯垢がたまり、
歯の根本に細菌が住みつき歯周病を発症します。もっとも
初期の段階は「歯肉炎」と呼ばれ、歯と歯茎の境目が赤く
腫れたり、歯みがきで出血したりします。この時点では
痛みがほとんどないため、ご自身が歯周病にかかったと
気が付かない方がほとんどです。

症状がさらに進行した状態は「歯周炎」と呼ばれます。歯と歯茎の境目が大きくなって溝になり
「歯周ポケット」を形成。歯垢がさらにそこへたまることで症状はどんどん進行していき、
歯を支える歯周組織の破壊にまでつながってしまいます。ここまで来ると、歯がグラグラしたり、
歯茎がぶよぶよと腫れたり、強い口臭が表れたりしてきます。

歯周組織の破壊が進むと歯が抜け落ちてしまうこともあるため、一刻も早いご相談を
おすすめします。

歯周病チェック

1つでも当てはまる方は歯周病の疑いがあります。
十分なカウンセリングで症状改善へのご提案を行います
ので、早めに当院までご相談ください。

一般的な歯周病治療

当院では、あなたの大切な歯をいつまでも保っていただくための予防・治療プログラムをご用意
しています。定期検診も承っていますので、「もしかしたら」と思ったら、まずはお問い合わせ
ください。

歯みがき指導

歯周病予防には歯みがきで歯垢を適切に除去することがもっとも大切です。当院では、あなたが毎日の歯みがきを効果的に行えるよう、一人ひとりのお口の状態に合わせた歯みがき方法を指導します。歯周病の原因となる歯垢を残さないクリーンなお口を目指しましょう。

スケーリング

スケーラーという機器を用いて歯に付着した歯垢や歯石を除去します。歯石を取り除くことで、
細菌の繁殖を抑えます。

フラップオペ

スケーリングでも取り除けない歯周ポケット奥の歯垢や歯石を取り除く外科処置です。
歯肉を切開して歯石を除去します。

自費の歯周病治療

保険診療の場合、どうしても通院回数が多くなってしまうため、治療による症状の改善を実感しにくく、そのせいで治療への意欲が薄れてしまうことがあります。当院ではこうした想いをされているあなたのため、自費による歯周病治療をご案内させていただいています。より効果的に症状改善へ導くことができますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

歯周病治療の流れはこちら

アクセスマップ
佐賀県鳥栖市神辺町字河原397-1
  • BPSデンチャー
  • 入れ歯について
  • メンテナンス・保証
  • 歯周病について
  • ドクターインタビュー
  • なりとみ歯科の教育体制

0942-84-3116

無料相談受付中