入れ歯について

  • ホーム
  • 高齢者歯科について
  • 治療の流れ
  • よくあるご質問
  • 医院情報

入れ歯治療をお考えの方へ

虫歯や歯周病、あるいは事故などで歯を失ってしまったときに、歯を補う方法としてもっとも一般的なのが「入れ歯治療」です。こちらでは、鳥栖市の歯医者「なりとみ歯科」で扱う入れ歯の種類や入れ歯のメリット・デメリットをご紹介します。入れ歯治療をお考えの方は参考にご覧ください。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯は、歯を失ってしまった場合の治療法として多くの方が選択されます。
保険が適用であれば安価で製作可能、お手入れが楽など、メリットの多い入れ歯。
しかし、長く付き合っていくわけですから、当院ではデメリットも知ったうえでお選びいただくことが後悔しないためのポイントだと考えています。
以下では、失った歯を補う治療法としての、入れ歯治療のメリット・デメリットをご紹介します。

  • 保険が適用される場合もある
  • メインテナンスが楽
  • 外科手術が不要
  • 見た目が悪くなる場合がある
  • 天然歯と比べ咀嚼力が落ちる
  • 慣れるまでは違和感がある
  • あわない入れ歯だと痛みがある

当院で扱う入れ歯

保険の入れ歯(総入れ歯)

歯科用プラスチックでできた入れ歯です。
強度が低いため、強度を持たせるために
分厚く作る必要があります。

  • ほとんどの症例で適用できる
  • 保険適用のため費用が抑えられる
  • 修理がしやすい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 見た目がやや不自然で、よく見ると入れ歯だと分かってしまう
  • 違和感が起きやすい
  • 咀嚼する力が弱い
  • 分厚くなるため、食べ物の
    温度を感じにくい
  • 壊れやすい
金属床入れ歯(総入れ歯)

床が金属でできている入れ歯。強度があるため、
薄く製作することができます。保険適用の入れ歯と
比べると違和感が少なく、食事や会話の際の
不都合もそれほど感じられません。

  • 違和感が少ない
  • 食事の温度を感じやすい
  • 変色しにくい
  • 汚れがつきにくい
  • 壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 修理がしにくい
  • 費用が比較的高額
ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

金属を使用しない部分入れ歯です。やわらかい素材を使っているので装着時の痛みが少なく、
しっかり咀嚼することができます。

  • 見た目が自然
  • 痛みや違和感が起こりにくい
  • はずれにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 汚れがつきやすい
  • 費用が比較的高額
当院はBPS認定医師です
BPS(Biofunctional Prosthetic System)とは、リヒテンシュタインの人工歯製作メーカー
「Ivoclar Vivadent(イボクラール・ビバデント)」とヨーロッパの歯科大学、臨床医が共同開発
した義歯を製作するためのシステムで、スピーディーに完成度の高い義歯が製作できます。
当院は、イボクラール・ビバデントによるBPSトレーニングを受講し、認定テストに合格。
BPS認定医として、精度の高いBPS治療を行っています。BPSデンチャー

入れ歯の豆知識アレコレ

こちらのページでは、「知っていても得をしないけど、いざというとき話題にできる」入れ歯の豆知識をご紹介します。

世界で最初の入れ歯

入れ歯の起源は意外にも大変古く、紀元前にはすでに
使われていました。世界最古の入れ歯と言われているのは、
エジプトの町・ギザにある墓から出土された物です。

なんと、紀元前2500年ごろに使われていた物であると
言われています。

日本で最初の入れ歯

日本で最初に入れ歯を使ったのは、平安時代の尼僧
「仏姫」だと言われています。仏姫が使っていたのは
木製の義歯で、上顎に装着していたようです。

女性用の入れ歯のため、お歯黒も施され、見た目、
機能ともに本物の歯に近づけていた物でした。

入れ歯を入れた動物

1960年代、東京の上野動物園で入れ歯を入れたロバ
「一文字号」が飼育されていました。歯が悪く食事に
不自由していたことから歯科医師により入れ歯が
作られました。この一文字号は入れ歯を入れてから
みるみる元気になり、3年後に転倒で亡くなるまで
大変イキイキと過ごしたそうです。

アクセスマップ
佐賀県鳥栖市神辺町字河原397-1
  • BPSデンチャー
  • 入れ歯について
  • メンテナンス・保証
  • 歯周病について
  • ドクターインタビュー
  • なりとみ歯科の教育体制

0942-84-3116

無料相談受付中